smile4peers

41歳で右乳がん全摘、小学生の娘を持つ母ががん患者の為のヨガピラと出会ってからの日記

気をつけよう!弾性着衣の療養費支給申請

またまた、日が開いてしまいました。
定期的に情報を発信するブログをしている人達ってすごい。
私の場合は日記なのにもかかわらず、更新していく大変さを感じておりまーす。


まずは近況から。
副腎腫瘍等が原因のアルドステロン症の疑いで精密検査の為大きな病院を紹介されたり、オンライン上でのフィットネスインストラクションの練習会、いつもの時短のパートに、知人から頼まれた日本語レッスンのアルバイト、突如旦那さんの提案でgo to 大阪してみたりと、不安になったり、ウキウキ・ワクワクしたりしながら、心身ともに楽しくも忙しく過ごしておりました。


そして、その間に起きた出来事を今日は言いたい、言いたいのです。
久しぶりにムムム(ー_ー)!!っとしました。
いつものように春にスリーブを新規購入し、遅ればせながらも、晩夏に療養費支給申請書の手続きを終わらせました。
もう何度か申請しているし、抜かりはないはずと、受給を待っていました。
そろそろかな?と思っていた頃、添付した病院からの装着指示書の記載について再度確認をするように協会から返信がありました。
装着指示書の種類(グローブの)欄に必要なチェックがついていない!とのことだったのです。


今回、私が病院を通して購入した着衣は、
①いつものメディハーモニーのスリーブのみと、
②寝る時や家で合間に使用するミトン付きのエアボ・ウェーブスリーブでした。

どちらもスリーブです
装着指示書もスリーブ2着と書かれており、看護師さん、販売店、メーカーさん、私の認識もスリーブでした。
協会の方のみ、ミトン付きの物はグローブにも該当する、という認識で返信されてきたのです。


このやりとりで、書類を送付、返信、電話問い合わせ、病院確認、病院往来と1か月もかかっています。
その上、病院はもとより、販売店、メーカーさんまでも巻き込んでしまっています。
書類上の手続きや処理をちゃんとしなければならない事、やりとりに時間がかかるのも理解できます。
この指示書では療養費を支給できないと、親切心で記載の再確認をするよう返信してくれた事は感謝しています。
でも、その応対にどうもモヤモヤしてなりませんでした。


今まで、何枚も指示書を患者さんに渡してきたであろう病院側(看護師さん)のお話でも、同じように申請している方はいるが、こんなことは初めてだと聞くし、販売店さんもメーカーに確認してスリーブだとの回答を受けたというのを聞き、書類を担当される方によって認識が違うの?と思ってしまいました。


その担当者の方がそうなのか、その上司の方がそうなのか、今までがスルーだったのか本当のところは不明ですが、
相手にきちんと伝えることや意図するように理解し処理する事、また、互いに気持ちよく動いてもらえるよう伝え合うことの難しさを感じました。
相手の立場やどうしてそうなのかという事も思いながら、やんわりとコミュニケーションをとれたら、色々とスムーズなんだろうな。
あぁ、気を付けよう。


最後に!
次回以降私もですが、みなさんも療養費支給申請する際の弾性着衣の指示書(チェック欄)には気を付けてくださいね(^▽^)/

f:id:comasax:20201102110840j:plain