smile4peers

41歳で右乳がん全摘、小学生の娘を持つ母ががん患者の為のヨガピラと出会ってからの日記

身体と動きの観察

昨日は癌患者対象の運動教室インストラクター養成専科初日。


インストラクターを目指す人だけが受講するから、今までとは違って、少人数。


昨日はどういう風に身体の動きを捉えるかについて学んだ。


身体の動きを注意深く観察する事、それを言葉で説明するのにすごく苦労した。


でも、確かに同じ動きでもよく見ていくと、人それぞれ特徴がある。


難しいけど、その違いを見つけて、動かしにくい箇所の可動域が広がった時は驚くと同時に嬉しかった。


私の場合は、左の肩甲骨が少し内旋気味、右の肩甲骨が外旋してしまっていた。
その証拠に、服のシワが左肩にはないけど、右肩には縦に入っていた。


それだけでも、へー!すごい!と感心。
先生に出会わなければ、ずっと気づかないまま、私の基本姿勢はずれたままだっただろう。