smile4peers

41歳で右乳がん全摘、小学生の娘を持つ母ががん患者の為のヨガピラと出会ってからの日記

リンパ浮腫によるリンパ管静脈吻合術(LVA)

昨年末からリンパ浮腫を発症してしまった為、リンパ管と静脈を繋いで、リンパの流れを良くする手術を先週末にしてきました。


手術は4時間の予定が12時に手術室に入り、病室へ戻ったのが18時30分でした。


手術は局所麻酔で行いましたが、覚醒してしまい、私が起き上がろうとしたようで、途中から全身麻酔に変わりました。


私の血管は細く、長い間の抗がん剤のせいか、採血でも何でも、とにかく毎回使える血管を見つけるのに一苦労。


案の定、手術を始める際に点滴の管を入れる注射がなかなか定まらず、ぐりぐりとされ、尋常じゃない痛さ。
普段は我慢するけど、我慢できずに、痛みを訴えました。(これから手術だって言うのに出だし不安。)
でもほんと、針を刺したまま血管をグリグリされるのってすごく痛いんですよね。

全身麻酔に変わる前までは何となくですが、記憶があって、
手術中先生の「釣り針下さい」という声が何度か聞こえて来ました。
なので、横になりながら釣り針で管をすくうのか、なんて想像したりと始めは余裕で過ごしました。
でもどの位か経った頃から、身体が急にムズムズし出して、脚やら肩やら動かさずには居られなくなりました。
そして、これなら眠ってしまった方が楽だなと思い、先生に眠りたいと伝えたところから記憶がありません。

結局、今回の手術では使えるリンパ管を探すのに5箇所横切りをし、2本のリンパ管を静脈と繋げました(大体1本繋げるのに通常でも2時間位かかるそうです)。
また、家族の話だと正常に機能していたリンパ管は1本だけだったそうです。
そりゃ浮腫みますよね。

この手術の効果が出るまでには3ヶ月程かかるそうですが、効果のいかんにかかわらず、手遅れになる前に手術して良かったです。
f:id:comasax:20190217162848j:plain